BTCFX

ビットコインFXでナンピンをして思ったこと

ビットコインFXでナンピンをすると平均取得価格が有利になるので結構な確率で勝てることになるかもしれません。

しかし、ナンピンをしているとそのうち大損する危険性があります。

それはビットコインは突然大きな価格幅で暴騰したり、暴落するからです。

その額が数万円くらいだった場合にナンピンしますと、マイナスの金額が相当な速度で膨れ上がります。

そして、ナンピンによって平均取得価格を有利にしたとしても、その価格がすぐには戻ってこないこともあるのです。

私も、ショートでナンピンをしていて、ビットコインが数万円暴騰した時に、何回かナンピンしましたが、すぐに資金が切れて自分が納得できる価格ではナンピンしきれなくなりました。

最初は日時損益がプラスだったのが-3000円くらいになり、そこで損切りできたのにナンピンしてすぐに-10000円くらいになりました。そしていったんリバウンドした時に-25000円で一分間ほど落ち着きました。ここで損切しておけばよかったのですが、決断できずにいたら、どんどん上がっていって一時的に-86000円、そこでリバウンドして-60000円くらいに戻って、次は-90000円くらいになりました。

ビットコインの値動きがあった時にナンピンをすると、ロット数によって金額の違いはありますがこんな感じになってしまいます。

これは損切りできない初心者のパターンなのではないかと思います。

こんな感じのを3回くらいくらった結果、私はナンピンをやめました。

ナンピンして戻ってくるまで待てた時もありました。

しかし、ビットコインはストップ高とかストップ安がないので、どんな原因で大きな値動きがあるかはわかりません。

だいたいチャートによって、その後の値動きがのだいだいの予想はできるかもしれませんが、仕事中や運転中などでチャートをあまり見れない状態でポジションを持っているのは、私の場合相当気になるだろうことが予想できましたので、ナンピンはしたけど、最悪の価格で決済をすることを決心しました。

ビットコインは突然暴騰したり、暴落した時に損切することを考慮済でナンピンするのはありなのかもしれません。
例えばナンピンを1回や2回までに限定で行うとか、利益が残っているうちに損切を必ずするとか、このラインを越えたら損切りするといろいろ損切りの条件を決めた上でナンピンをすると無限ナンピンに比べると良いのかもしれませんが、それはナンピンをしないトレードに慣れてから、考えていけるようなトレード手法なのではないかと思います。

結論的には大きなロットでエントリーする場合には、ナンピンすると損失が出るときは相当な金額になってしまいますのでしない方が良いということだけは言えると思います。

ナンピンした大きなロットが一時的にでも塩漬け状態になる、いや一時的ではなく長期間になるかもしれないのは心身にも良くないし、ナンピンしたものを損切りせざるを得なくなった場合は相当な金額になるし、レバレッジを上げている状態で損失が出た場合は即退場ということになりかねませんのでビットコインFXでは、ナンピンは基本的にはしない方が良いという結論に至りました。