BTCFX

ビットコインFXの資金管理について

私はビットコインFXの初心者なのですが、初心者はあまり資金管理がでていないがゆえに、負ける時は一気に負けてしまうのだと思います。

私が結構、大きな負けを数回してしまったわけなのですが、その原因はエントリーする時のロットが大きすぎなのではないかと思いました。まったく資産管理できていのではないかと感じました。

損失が大きくなると、それを取り戻すために、さらに大きくロットをしがちですが、私はそうはしないでおこうと思います。勝てれば大きく勝てますが、負けるときは大きく負けることになります。経験が無く未熟な状態ですので、例え私が勝率が高い場所だと思ったところでエントリーしてトレードしたところで、負けの可能も結構高そうです。
初心に戻ることにしました。これは大きく負けた結果思ったことです。
大きく負けた経験は、今後大きく負けないためのレッスン代だと思うことにしました。
そして、そういう時こそロットを小さくして、初心に戻ることが必要なのではないかと思いました。
自分にはまだまだ経験が足りないと感じます。

現在ナンピンをやめてトレード手法を変えてから、大きく負けることはなくなったのですが、損切り貧乏状態になってしまい勝ったり負けたりしても最終的にはマイナスになりがちです。そのため今本を読むことによって手法を考えている最中です。

8~9割が退場すると言われているこのFXの世界(ビットコインFXも同じはず)で生きていくには、大きく勝つということをメインにするのではなく、いかに長い間、勝ったり負けたりするトレード経験を繰り返し、自分の負ける原因を知り、その原因を克服していき、いずれ勝つトレーダーになっていく、そういう風な方向で行動するのがベストなのではないかなと思っています。

トレードで、すごい利益を稼げている人はいます。しかし初心者がその人達と同じくらい稼ごうとして高いリスクを取るのは大変危険な行為なんだと思いました。
そういう方々は、もともとすごく高いトレードの素質があるか、そうとうな真剣に学んで実際のトレード経験も豊富な方なのだと思うことにしました。

私が経験が積みあがった時にトレードできるようにするためには資金を減らしていけないのです。お金を大きく稼ぐのではなく、勝率が良いトレードができる経験を積むことをメインで考えていきたいと思います。

今日以下の本を読んでいてたのですが、この本を読み進めてみていかにトレードの世界が厳しい世界なのかとうことを知りました。

FXやトレード関係の本を読むことは結構重要だと思います。

この本を読んで確率の高い時のみにエントリーするとか、資金管理の方法、長期間の練習経験が必要とか、実際にトレードで経験を積んで実際に失敗して学ぶことがレッスン代なのだということなどいろいろなことが書かれています。
すごいトレーダーは破産を何回か経験している人が多いことなども書いてありましたが、それは避けて通りたいので、まずは本をたくさん読み、少ない額で実際のトレード経験を積みたいと思います。

少ないロットで練習するのに資金がたくさんあるとレバレッジ1倍でも、ちょっとくらい損してもという安心感があるので、小ロットでも緊張感を高めるために、全資金の1/3くらいを銀行へ送金しました。

何千回もトレードしても、結果的には利益を出せているようなトレーダーを目指したいと思います。