生活

スタッドレスタイヤでも金属チェーンでもない特殊な布で冬季の車の雪対策

 今までは冬季はすべての車にスタッドレスタイヤを使用していましたが、雪があまり降らない地域で道路に雪が積もっている日はほとんどないにも関わらず、毎年スタッドレスタイヤに履き替えて摩耗しやすいスタッドレスタイヤの状態で長期間維持して長時間走ることになり、ノーマルタイヤだけではなくスタッドレスタイヤの代金も支払うのは結構負担になるなぁと思っておりましたが今年は軽自動車に関してはちょっと考えを変えてみたいと思います。
 
 今年の冬は軽自動車はノーマルタイヤで乗り切ろうかなと思っております。もしも雪が降った場合は、車で外に出ない、あるいは、どうしても外に出る必要がある場合はスタッドレスタイヤを履いた車を借りることで問題はないはずです。
 
 以前スタッドレスタイヤを履いた軽自動車で雪の日に外出して、急カーブで少し傾斜がある場所で路面が雪だけではなくほぼ全面が凍っている場所を通ってしまい、動けなくなったことがあります。その道路にはすでに数台動けなくなっている車があり、人が歩いてもすぐにすべるくらいの状態になっていました。他の車が呼んだロードサービス(JAFかな)が手配したトラックも滑ったりして依頼した車の救出にもすごく時間がかかって大変そうでした。最後はロードサービスの方が凍結防止剤を路面に広範囲にまいてくれて、それによって氷が徐々に溶けて、私の車もなんとか脱出することができました。
 つまり、このような状態になった場合は、軽自動車ではスタッドレスでもほぼ意味がないと感じましたので車で家から出ないのが一番だと思います。
 
 でもノーマルタイヤだけで外出している時に突然雪が降って来た場合はどうするのかという問題が残ります。
 
 そのためにとりあえず以下のスノーソックスというスペイン製の布製のタイヤチェーンを購入しました。
 
 雪上でも時速40キロ以下で走行できるようですので、車に積んで携行しておいて、外出中に突然雪が降ってきても安心です。
 
 私はアマゾンで購入したのですが、スノーソックスにはサイズが54、58、62、66、70,74と6種類あって、アマゾンの商品写真の中に対応表がありましたので確認しましたところ、軽自動車のタイヤの側面に書いてあった155/65/R14はスノーソックスのサイズ58であるということがわかり早速注文致しました。
 
 今後、役立つ場面がありましたら、またその時にどんな風だったかをご紹介したいと思います。