生活

iphoneのメモ帳はフリック入力かBluetoothキーボード入力か

ブログ用のメモをちょっととるだけならiPhoneのフリック入力で十分です。

しかしいろいろ思索しながらブログの長い文章をiphoneのメモ帳に本文を書き溜めて置く場合や、何かの機会に長文を入力し続けなければならない場合、フリック入力ではなくBluetoothキーボードの方がよいのではないかと思い始めました。

以前、使おうと思って買っていたappleの銀色のbluetoothキーボードが実際に入力してみるととても入力しやすい。

漢字変換すると時間がかかるので、とりあえずは、ひらがなのみで入力することになりそうです。

フリックでも結構早く入力できそうなのですが、ほぼ指一本で入力するとなると物理的に限界があるように思えます。

入力する文字が大量にある場合は、入力する指が疲れてくるはずです。

フリック入力においてはブラインドタッチなるものが、ほぼできないのではないかと思います。

できるのかもしれませんが私はできません。

そのため、メモ帳でリアルタイムに入力されている文字とフリック入力している指の部分を交互に頻繁に見なければならないように思います。さらに入力中に漢字変換も意識しなければなりません。

フリック入力を極めて指の耐久性を上げればキーボード入力より容易になるのかもしれませんが、私はそこまでフリック入力に固執しているわけではありません。

Bluetoothキーボードなら使用する指の数の制限がなくなります。そして複数の指で入力すると疲れにくくなるはずです。さらに漢字変換せずに、完ぺきではないにしろブラインドタッチでタイプしながら、ひらがなのみで入力することでフリック入力に比べて目や頭の疲れが軽減され無理なくに入力できるはず。

タイピングメインと考えるならば、Mac Book Airのような小型のパソコンが一番良いとは思うのですが、パソコンを持ち歩くというところまでは要求されていない状況です。

iPhoneにBluetoothキーボードを接続するとフリック入力のキーボードが消えてしまっていましたが、bluetoothキーボードを使用しながらフリック入力のキーボードも表示させる方法もわかりました。ひらがなとローマ字入力の切り替えもOK。

Bluetoothキーボードを持ち歩こうかなという気持ちが強まっています。